パワーストーンは芸能人も身につけるほどの人気があり、男性と女性とでつける石の種類というのが違うのだそうです。女性の場合は恋愛や結婚の運気を上げる石になりますが、男性の場合には金運や仕事運というのをあげる石を身につけるのです。そんなパワーストーンにはつけ方というのがあるのだそうで、普段は左手につけておくことでパワーを貯めておくことができるのだそうです。そしてここぞというときには右手につけることで、その貯めていたパワーというのを発揮することができるのだそうです。またパワーストーンと買う時には他にも関連グッズというのがあり、ストーンの汚れを取るクリーナーグッズであったりおいて置くグッズもあります。このストーンを置いておくグッズというのは、おいて置くことでパワーを逃がさないようにする効果があるのです。

特別な力が宿ると信じられるパワーストーン

パワーストーンとは、身に付けると健康運、恋愛運、金運などの運気が上昇といった特別な力が宿っていると信じられている宝石の事です。たまに雑誌の最後のページに、パワーストーンを身に付けたおかげで恋人ができた、宝くじに当選した等の購入者からの声が載っています。宝石によって上昇される運気も、カラーも様々なので近年ではブレスレット等を始め、ファッションの一部としても人気が高いです。宝石を二つ以上の組み合わせたブレスレットも販売されており、デザインは無数です。自分が生まれた月の誕生石を使ったパワーストーンを身に付けると災いを追い払うと云われています。誕生日が3月の方は、その誕生石であるアクアマリンを身に付けます。運気が上がるという科学的な根拠は現在も証明されていない為、あくまでお守りだと思って付けるのが良いですね。

生活になくてはならないパワーストーン。

自分がパワーストーン好きであることは、あんまり周りに言ったことはありません。なぜならこういったものに頼ってばかりいる弱い人…に思われるのが嫌だからです。自ら進んで言うことはないけれど、私の生活になくてはならないものです。そう!私は弱い人間なんです!これまできついこと、つらいことに遭遇するたびにパワーストーンに頼り、そして実際に助けられてきました。人には言ってませんが、奇跡的な出来事に遭遇したことも何度もあります。私はこういった石には、何か特別な力が宿っている…なんて周りが引くようなことを信じています(笑)少し前に、石のお店のカウンセラーのような方に、パワーストーンはこうありたい自分というものを忘れないために目印として身に付けるものだと言われたことがあります。確かに、そういう意味で暗示として機能しているのかもしれませんね。